加古川の展示場を利用して注文住宅の家づくり

山陰本線の東加古川駅から国道2号線に向かい、国道2号線を加古川駅方面に向かうと、進行方向右側には注文住宅の家づくりを行う時のハウスメーカーや工務店が多数集まった住宅総合公園があります。



住宅総合公園には、最大15社のモデルルームが建設出来る敷地になっており、大手の工務店やハウスメーカーが建築を行ったモデルハウスがあります。注文住宅の家づくりは、希望の間取りを作り出せる自由な設計が魅力になりますが、希望の家を設計して貰い、家を作って貰う工務店やハウスメーカーを選べると言うメリットもあります。

加古川市の住宅総合公園に建設されたモデルハウスは、規模そのものは大きめでも、会社毎の違いを知る事が出来る注文住宅には欠かせない存在と言えましょう。

また、モデルハウスの見学を行う事で、どのような家を作りたいのかと言ったイメージを作る事も出来ます。
現在の住まいのリフォームやリノベーションを行う時にも住宅展示場内のモデルハウスを見学すると、ヒントを発見する事も出来ますし、台所スペース使われているシステムキッチンや浴室の設備、洗面所、トイレなどの設備のデザインや色などを自分の目で見る事が出来るので、好みのデザインや色などがある場合には、住宅展示場のスタッフに訪ねておけば、メーカー名や色番号などの情報を集める事も出来ます。



また、モデルハウスを見学した時に、好みのデザインを持つ家が見つかった時などは、注文住宅の家づくりをお願いする事も出来ます。



top